10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. » 12

かた田舎のフランス料理 シャガール

  三原市本郷町にあるフレンチレストランです

スポンサーサイト 

Posted on --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  |  -- trackback  |  -- comment | edit

△page top

引っ越し記事:【職人魂】と【価値】 

Posted on 13:49:49

2011/02/24

大変久しぶりにこちらへ来ました。

 またもや面白くないことを書く気で来ています。。。
 でも、これは大事なことではなかろうかとも思います。。。

 私達の仕事【レストラン】でのお仕事。

 ここに集まっている物事はほとんどが「職人魂」に則っているものです。

 でも、この「職人魂」やはり軽視されていると思うんです。

 時流にあわせて生き抜くのが現代のビジネスなのかもしれませんが、「老舗」と言われるお店がしていないことは、時流に合わせることもあり得るが、守り抜いている「歴史」「拘り」は捨てていない。

 しかし、現実 安くて 量が沢山あって 得するもの が求められる時代になってしまっている。

 求められると。。。やはり「数字」で決まる死活問題である以上そういうように形態を変えていこうか。。。と思い悩むこともあると思うし、実際に取り入れたりもしようとする。だけど、やはりそれは自分たちのもつ意識とは異なる感覚だから「不満」というかたちで、次第にモチベーションを低下させていく。そして、次第に自分達の提供したい物がなんであるかを見失う。。。そうなると悪循環のスパイラルから抜け出せなくなる。。。

 自分達の持つ拘りや職人魂を捨ててしまう結果を呼ぶ。。。

 それではいけない!と、そう思うんです。。。

 農業も然り。

 安くて奇麗な野菜なんてあり得ない!

 本当においしい野菜程、一手間も二手間もかかっている。会社では勤務時間というものがあるが、農業は勤務時間なんてない。すればする程仕事は山のようにある。そこはかなり軽視されている。。。それでも、「おいしい!」の一言の為に、汗水たらして頑張っている。

 そうしてできた作物を、大切に下ごしらえをした上で仕込んでいく作業。。。毎日毎日続く地道な作業。専門職人としての気質がそれを可能にするんだと思うんです。

 レストランという空間。。。それは人がいて居心地の良さを考え、バランスを考え抜かれたもの。そして、そこにある食器や調度品も、それらを作り上げた職人が存在しそこには職人の「拘り」が盛り込まれたものだ。

 そうして作り上げられた職人達のこだわりの集結された空間の中で、楽しんで、おいしいものを食べて、元気になって頂きたいと心からのおもてなしを、日々研鑽していく。。。

 そんな、「こころ」を持ったレストランもこの世に存在している。。。

 どこも、一様な「サービス」という概念は持っていないはず。。。

 こんなレストランじゃ、だめですか?

△page top

△page top

Secret

△page top

トラックバックURL
→http://chagallfrench.blog.fc2.com/tb.php/62-02dd11ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。